ダイエットとお茶碗の関係。

ダイエットするにはお茶碗を普段のより小さくするといいらしい。そして、これが人生最後の食事だと思って食べるといいんだって。すべてのおかずも少なめに準備するんだそう。そして、これが人生最後の食事だと思うと、人は、ゆっくり噛み締めて味わうように食べるんだってぇ。そうするとダイエットにいいらしい…。何か切ないダイエット法だ。まぁ人間、いつ死ぬかは分からないんだし、もしかしたら、どの食事も気づいてないだけで人生最後の食事になりうる可能性はあるよね~。一回の食事を大切にして食べることが大事ってことなんだろうね。最近ではみんなお腹をなんとなく満たすためだけだったり、食べたくなくても惰性で食べたり、あんまり食を大切にはしてない気もするしね。時間になったから食べるとか、お腹すいてなくても、後でお腹すくから今食べとくとか、本来の食とは何か違う雑さを感じちゃうよね。量が少なくても、ゆっくりゆっくり噛み締めて食べると、お腹も心も満たされるんだそうな。あと、人生最後の食事だと思うと、何か食に対して、食べ物に対しても、そして、食べることができるということに関しても感謝の念が出てきそうな気がするね。て考えると、やっぱり私たちって、一回の食事を感謝しながら食べることって。。。あんまないような??ね?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ